商品情報

トップページ > 商品情報 > イヌリンの効果
  • イヌリンの効果
  • 「イヌリン」とは?

    水溶性食物繊維の一種で、キクイモやニンニク、ゴボウ、玉ねぎ等の根菜類に多く含まれています。 ビフィズス菌を増やしてお腹の調子を整える腸内環境改善効果、食後の血糖値の上昇抑制効果、 中性脂肪を下げる効果などの機能性が報告されています。

  • イヌリンの効果について

    小腸内でイヌリンは、糖の吸収を抑制する働きがあります。消化されず大腸へ運ばれたイヌリンは、 腸内細菌(ビフィズス菌など)のエサとなり短鎖脂肪酸(SCFA)が生成されます。このSCFAが大腸に 刺激を与えることから、腸内の蠕動運動促進やインスリン生成・食欲抑制ホルモンの分泌を促す等の 効果が期待できます。

  • イヌリンの効果図解
  • 整腸作用

    大腸内でイヌリンはビフィズス菌等の腸内細菌のエサになります。増殖した腸内細菌から短鎖脂肪酸(SCFA)が生成され、SCFAが腸の運動を促すことでお腹の調子を整え、お通じを改善する効果が期待できます。

  • 血糖値上昇抑制

    小腸でのイヌリンの糖の吸収を抑制する作用と、大腸内の細菌から生成される短鎖脂肪酸(SCFA)が腸内のホルモンを出す細胞を刺激しインスリンが生産されることから、血糖値の上昇が抑制される事が考えられます。

  • 中性脂肪低下

    イヌリンには食品の胃での滞留延長効果があり、腸内細菌から生成される短鎖脂肪酸(SCFA)は食欲中枢に作用し、食欲抑制ホルモンの分泌を促すといわれており、これらの効果で血中の中性脂肪が低下すると考えられます。

新商品情報

  • 五木食品通信販売部
  • amazon五木食品ストア
  • 五木のプレミアムセレクション:こだわりCLUB
  • お客様相談室 ご意見・お問合せ ご意見・お問合せ

ページのトップへ戻る